今回の件の当事者であるTE9 RecordsのAoiさんより皆様にお伝えしたい事があると連絡を受けました。以下全文、Aoiさんより。(Gishi)

 

初めまして、もしくはいつもお世話になっております。

TE9 Recordsにコンポーザーとして参加させていただいているAoiと申します。

さて、TE9 Recordsリニューアルということで、私が皆様にお伝えしたいのは今回のリニューアルの発端となった、旧TE9 Records主宰のKuronについてです。

Twitterなどで我々をフォローしてくださっている方々は多少なりとも知っている人もいるかと思います。その際は自分自身冷静さを欠いていて、皆様にお見苦しいツイートをお見せすることとなってしまい、申し訳ありませんでした。

皆様に我々のツイートだけで断片的な事実による印象を持っていただくのも良くないかなと思い、現主宰Gishi様に頼んでこの文章を書かせていただいております。

また、今回の件は明らかに不特定多数の人間が迷惑を被っており、少なくとも現段階で私は彼のしたことは許されることではないと思っています。そういった意味でも皆様に詳細を知っていただきたいと思い、文章を書いています。(彼を貶めようとする意図はありません)

少々長くなってしまい乱文になってしまうこと、そして現在彼のTwitterアカウント(@96q6)が削除されているため、詳しいDMの内容などが見れない状態であり、曖昧なものになってしまうことをご理解の程、文章を読んでいただけたらと思います。

事の始まりは6月頃だったと思います。
私の元にKuronからDMが届きました。
内容は、「自分がリーダーのチームで、BOFU2015に参加しないか」といった内容のものでした。

BOFU2015、詳しくは省きますが、とても規模が大きく、著名なコンポーザー様も多数参加する、僕にとっては憧れの舞台でした。

私自身いつか参加したいと思っていたので、とても魅力的な誘いでした。
しかし、恥ずかしながら私は大学受験に失敗し、浪人生の身の上でありました。

BMSというのは作曲の他に、音切り、音配置、譜面制作など、莫大な作業を要するものであり、参加の時期(9月)を考えると、自分だけでこの作業をするのはとても時間がないだろうと思った私は「作曲だけならやってもいい」と返信しました。

Kuronは「それでも構わない」と心よく引き受けてくれ、更に同じTE9 RecordsのSTruTS氏も加え、チーム「ASK-TE9」が出来ました。

更にひょんなきっかけから僕とmAoA9氏が合作として曲を提供することとなり、Kuronは自分の曲のデモをSkypeで公開するなど、順調な滑り出しだったと僕は思っています。

少しずつ雲行きが怪しくなってきたのは、8月頃でした。
今まで毎日のようにTwitterで呟いていたKuronですが、不満を漏らすようなツイートをしたり、とても親しい人やリア友などへのリプライが増えていき、ツイートの量自体が減っていきました。

私も「あれ、最近くろんくん見なくなったな・・・?」と思ったのを覚えています。
ASK-TE9のSkypeにも徐々に顔を見せなくなり、「音切り作業入りました」等の事務的なコメントしか残さなくなりました。

リーダーがあまり顔を出さないので、チーム自体がどこかダレた雰囲気(これは言い訳ですが)のまま時間ばっかりが過ぎて行ったのです。

我々の尻に火が付いたのは9月上旬、そろそろ本気で取り組まないとマズイということで徐々に楽曲が出来てきました。

Kuronは相変わらず「音切りもうすぐ終わる」などの事務的な連絡しか寄越さないままでしたが、一方で彼はTE9 RecordsのSkypeでは明るくふざけるようにメンバーと会話を交わしていたので、私は「大丈夫かよ・・・」と思っていました。

事態が一変したのは、9月14日でした。
彼は突然こんなブログを投稿したのです。

KuroNoruK「ゴミです、さようなら」

http://kurondtm.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

私がこれを発見したのは投稿された直後ではなく、その日の夜でした。フォロワーさんの「くろんさん大丈夫かな・・・」というツイートがきっかけで見つけました。

本当にびっくりしたので、Kuronと私の共通の知り合いに相談したり、次の日DM等で話を聞いてみようと思っていました。(彼は早寝なので、自分が気付いた頃には就寝していたと思われる)

するとあろうことか翌日、ブログの通りKuronはTwitterのアカウントを削除してしまったのです。
まさか翌日に消すとは思わなかったので、驚愕でした。後に彼の新アカウントを知ることになるのですが、そちらもほぼ呟かれずに放置の状態でした。

ASK-TE9みんなで話し合い、このままではマズイということで、私からもSkypeに何回かに分けて連絡を入れたのですが、彼のSkypeは終始退席中となっており、全く連絡が取れない状況になってしまいました。

僕としてもことを大きくするつもりはなかったのですが、このまま連絡が取れないとどうしようもないと思い、私はこんなツイートをしたのです。

https://twitter.com/BLUEnoup/status/646637699953102848

《お知らせ》
BOFU2015「ASK-TE9」リーダーKuron(削除済み旧垢@96q6、新垢@kuronhagomi)が、先週水曜日より音信不通の状態です。
このままだと作品の登録もままなりませんし、何より心配です。
何か知っている方いらっしゃいましたら連絡頂けると幸いです。

予想以上に多くのRTを頂き、少しでも手がかりが得られるかも・・・と思っていました。
しかしその日、Gishi氏から「くろさんとはLINEで普通に連絡を取っている」とのリプライを貰ったのです。

私は複雑な感情のまま、しかし大きな進展を得たと思い、Gishi氏を通じてKuronとのコンタクトを試みました。

しかし彼は、このような事態となった理由をはぐらかし、他の人物との接触を拒否したのです。
完全に振り出しに戻ってしまいました。

私は最後の手段として、彼と実際にお付き合いのある方々にコンタクトを取り、そこからなんとか話ができないかと考え、多数の方に協力していただきました。

しかし彼は頑なに他の人物との接触を拒み、LINEでは逆ギレ・退出したり、果てには僕が知らないところで存在していたらしい彼のリア垢まで削除されてしまうという始末。
これで完全に彼との接触の手段は絶たれてしまいました。

チームには諦めムードが漂っていました。もう諦めて辞退して、時間をかけていいものを作ろうという案もありました。

ただ、自分たちの曲を楽しみにしてくださっている方々のコメントを見て、私はどうしても諦めきれなかったのです。

メンバーに無理を言って、ギリギリまで沢山の人に手伝ってもらいました。
結果的に多くの方が御存知の通り、間に合わなかったのですが・・・。

これが、一通りの流れとなります。
Kuronからの連絡は未だにありません。
私は、正直なところ今でもKuronのことを許す気にはなれません。憧れの舞台の最初の挑戦が辞退という形になってしまったというのも一つの理由ですが、何よりも悔しいのは、投稿した曲に期待してくださっていた多くの方々を裏切る結果になってしまったことです。

今回、TE9 Recordsを脱退するということも考えました。
しかし、今ここは協力してTE9を再興すべきだと考え、私は今ここに残らせて頂いております。

彼は、なぜ出てこないのでしょうか。
もしかしたら我々は、気づかないうちに彼を傷つけてしまったのかもしれない。
それならば、我々は謝らなければならない。
でも、彼が出てこなきゃそれすら叶わないのです。

随分と落ち着いた今では、もうKuronに無理やり戻ってきて欲しいとは思いません。
ただ、心の何処かでは、どうにかして彼と話ができないかと考えているのです。

最後になりましたが、至らない文章で申し訳ありません。
最後の方は事実というよりもはや私自身の考えを述べたみたいになってしまったのですが、そんな文章でも見てくださった方々に最大限の感謝を送ります。

今回の件について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>